広告
2014/08/22

SS501キム・ヒョンジュンが交際相手の女性を暴行、「肋骨骨折で全治6週間」

歌手兼俳優のキム・ヒョンジュンが暴行の疑いで提訴されたことが22日、わかった。

韓国の複数のメディアは22日、キム・ヒョンジュンが暴行致傷及び傷害の疑いで提訴されたと報道、所属事務所のキーイーストは、これについて「現在確認中」とし、具体的な言及を避けている。

報道によると、被害者のA氏は最近ソウル・松坡警察署でキム・ヒョンジュンを刑事告訴した。キム・ヒョンジュンは、2012年からA氏と交際をしていたが、今年の5月から2人の間にトラブルがあり、キム・ヒョンジュンがA氏の顔、胸、腕、臀部などを殴打、全治2週間の傷害を負わせた。また、7月には全治6週間の傷害を負わせ、A氏は右の肋骨を骨折したという。現在A氏は、松坡警察署で告訴人の1次陳述を終了、恋人関係を証明する資料及び診断書などを警察に提出した。

一方、警察はキム・ヒョンジュンを被告訴人の資格で召喚する予定だ。