広告
2014/07/01

2NE1ボムが麻薬類密輸入で立件猶予、「アンフェタミン約80錠」

ガールズグループ「2NE1」のメンバーボムが2010年に麻薬類のアンフェタミンを密輸入しようとして仁川国際空港の税関に摘発されたことが明らかになり、波紋を呼んでいる。

6月30日、韓国の某メディアは、ボムが2010年10月に国際郵便を通じてアンフェタミン約80錠をアメリカから密輸入しようとし、仁川国際空港の税関に摘発されたと報道した。この件でボムは仁川地方検察庁の調査を受けたが、当時検察は、「アンフェタミンはアメリカでは合法的な薬物であり、ボムが治療目的でアメリカでアンフェタミンを処方された履歴があるため、立件猶予に処理、処罰はなかったという。

立件猶予は、検察が犯罪容疑はあるが、立件する必要がないと判断した場合に取る措置。検事が立件猶予判決を言い渡すと、捜査は事実上終了となる。

一方、ボムが密輸入しようとしたアンフェタミンは、強力な覚せい剤で、韓国では大統領令で禁止されており、麻薬類に分類される。