広告
2014/01/15

ニコルに続きジヨンもKARAを脱退、事務所が公式発表(全文翻訳)

ガールズグループ「KARA」のニコルに続き、メンバージヨンもグループを脱退することが分かった。

15日、DSPメディアは公式報道資料を通じて、「ジヨン側から新しい合意案がない限り、延長契約は結ばないとの通知があった」とし、「KARAは4月からパク・ギュリ、ハン・スンヨン、ク・ハラの3人体制でグループを再整備する」と明かした。

以下はカン・ジヨンの脱退に関するDSPメディアの公式声明。

【カン・ジヨン脱退関連DSPメディア公式声明全文】
 
DSPメディアです。
15日午前報道されたKARAカン・ジヨンの専属契約満了報道に対する弊社の公式声明を発表します。
カン・ジヨンは、4月までDSPメディアとの専属契約期間及び予定されたスケジュールが残っており、
先日報道されたようにDSPとの再契約の打ち合わせ中に
「学業のため留学したい」という意思を明かしていました。
1月8日には内容証明ではなく、延長契約に対する本人の意思を記載した通知書を通じて、
「新しい合意案がない限り、延長契約は結ばない」と通知、
弊社はカン・ジヨンと時間を持って延長契約に関する追加論議を進める計画でした。
(通知書内容の一部)
「カン・ジヨンは(株)DSPメディアとの専属契約を新しい合意案がない限り、これ以上延長しません。
このような意思を本通知書を通じて公式的に知らせます」
しかし、当日期せずして該当内容が報道され、カン・ジヨン本人の意思を再度確認、
依然としてKARAを離れて学業と女優としての道を歩いていきたいという意思を伝えてきました。
これを受け、KARAは4月からパク・ギュリ、ハン・スンヨン、ク・ハラを中心にチームを再整備し、
今後のスケジュールを進める予定です。ありがとうございます。
 
75042-01-20120218164002-570.jpg