広告
2015/04/29

空港でEXOを撮影するファンを暴行、EXOマネージャーに罰金100万ウォン

空港でアイドルの写真を撮影するファンを制止する過程で暴行を加えたアイドルグループ「EXO」のマネージャーA氏に100万ウォン(≒11万円)の罰金が科された。

29日、仁川地方裁判所は傷害の疑いで起訴されたSMエンターテインメント所属のEXOのマネージャーA氏に「証拠を総合した結果、被告が被害者に傷害を与えた事実が認められる」とし、罰金刑に処した。

A氏は昨年8月19日午後6時30分頃、仁川国際空港の搭乗棟地下1階のシャトルトレインのプラットホームでEXOファンのB氏の後頭部を1回叩いた疑いで起訴された。当時B氏は持っていたカメラにぶつかり、外傷性頸部症候群及び打撲傷で全治2週間の診断を受けた。

 
▲イメージ出所:SMエンターテインメント(www.smtown.com